株式会社ウナンは、「輸送時の安全の確保」が最優先課題であるという意識を徹底させ、
全従業員一丸となって輸送時の事故防止に努めてまいります。

全車ドライブレコーダー・デジタルタコメーター搭載

全車にドライブレコーダー・デジタルタコメーターを導入し、専任の担当スタッフが運転内容(危険運転、アイドリング、運転の癖等)をチェックし、安全運転の指導に役立てています。

点呼時

運行管理者による運行前・後の点呼時に、システムを利用し、アルコールチェック及び血圧測定・体温測定を行い、記録しております。日々の従業員の健康状態や疲労状態を把握することが、安全な乗務・作業につながっております。
(前年度から、交通事故0・労災事故0の記録を更新中です)

自社整備

自社整備エリアにて、専任の整備担当者が点検・整備を行い、常日頃からディーラーと連携し合うことで、車両トラブルによる事故の防止に努めています。

バックカメラ・バックソナー導入

後方視野に入りにくい歩行中の子供や小さな障害物などを確認できるため、発生頻度が高いとされているバックによる人身事故・車両事故の防止に努めています。

安全衛生大会

年に2回開催し、KYや運転スキルの向上、挨拶・マナーの向上など、それぞれのテーマに沿って行います。
また、毎年救命救急講習を行いAEDの使い方も実習します。